京都市中京区//内科/心療内科/禁煙外来//京都市役所前より徒歩4分
ふじたみつえクリニック
ご予約・お問い合わせはお気軽に
電話075-211-8466
休診日/第2、第4月曜・木曜・日祝

診療内容

診療内容

診療内容

心療内科

「腹が痛い、頭が痛い、フラフラする、体がだるい」
こんなに身体はしんどいのに、検査しても何も異常がないと言われて、どうしたらいいのか・・・とこんな方が、心療内科によく来られます。ストレスを自分で自覚している方もおられますし、時にストレスを自覚してない人もいます。ストレス状況が当たり前、我慢するのも当たり前になると、身体不調でシグナルをだしてくるということがあるのです。このように心理的・社会的要因が関連して、身体症状が出現、持続している状態を「心身症」と言い、心療内科が専門とする領域となります。人によって、身体や心のウィークポイントがあるものです。外からの大きなストレス、あるいは自分の心の中にあるストレスにより、これまでのやり方では対処できなくなり、病気が出てしまうことがあるのです。
当院では、院長の私自身が女性ということもあり、特に女性のメンタルヘルスには、できるだけ対応したいと考えています。現代の女性には、人間関係の悩み、子育ての悩み、離婚やシングルマザーの悩み、夫や恋人からのDV、セクハラ、性暴力被害など、女性特有の様々な悩みを抱えている方が多くみられます。個人の問題だけでなく、社会の中で女性がおかれている状況を理解しながらの治療を心がけています。小さなクリニックで出来ることは限られていますので、必要に応じて、関係機関との連携をしています。
治療としては、身体と心の両面からのアプローチを行い、必要に応じて、薬物療法を行いますが、薬以外の方法として、生活習慣の修正やストレス対処法を一緒に考え、認知行動療法、森田療法的アプローチ、また自律訓練法などのリラクゼーションも適宜取り入れています。但し、カウンセリングそのものではありませんので、再診では原則的に10分ほどという時間の制限があることをご了承ください。
心療内科

内科

生活習慣病の代表的疾患である糖尿病は、近年、増加の一途をたどっており、我が国では、1千万人を超える糖尿病の患者さんがいます。糖尿病では、病気と上手につきあっていくことで、「健康寿命」を延ばすことができます!糖尿病になっても、健康な人と変わらない人生を送ることができるのです。糖尿病の治療の基本は、食事療法と運動療法と言われていますが、ストレスが多く、多忙な生活の中で、食養生や定期的な運動を心がけていくことはなかなか大変なことです。糖尿病では、正しくお薬を飲んだり、インスリン注射を打つことはもちろんですが、最も大切なことは、食事や運動の養生など、患者さんご本人のセルフケア(自己管理)であると言われています。当院では、看護師、管理栄養士、医師とチーム医療で、診断や治療はもちろんですが、皆さまとの対話を重視し、ご本人にあったセルフケアのお手伝いができることを一番のモットーとしています。
  • 糖尿病外来では、診察の前に、処置室で血糖、HbA1cなどの検査、看護師の面接
    (問診、療養指導など)があります。
  • 管理栄養士による栄養相談を受けられます。
  • 年に数回、糖尿病教室を開催しています。
内科 内科 内科

禁煙外来

喫煙を続けることで、癌や脳卒中、心臓の病気、慢性閉塞性肺疾患のリスクを高め、また皮膚を老化させる(顔の皺が増える)ことが指摘されています。それでも「タバコは健康に悪いとわかっているし、吸える場所は減ってきているので、禁煙したいとは思うけれど、なかなか難しい・・・」そんな方が多くみられます。やめたいのにやめられないのは、「意志が弱い」とかではなくて、「ニコチン依存症」だからなのです。1人で禁煙するのが難しい方でも、禁煙外来に通院することで、禁煙の成功率は高くなります。
2006年から禁煙治療に健康保険が適用されるようになりました。標準的な禁煙治療のスケジュールは12週間合計5回の診察が行われます。診察時には、一酸化炭素の呼気濃度を測定し、禁煙を継続するためのアドバイスや禁煙補助薬の処方をいたします。
禁煙外来をご希望の方は、まずお電話でご予約ください。
電話075-211-8466
休診日/第2、第4月曜日・木曜日・日曜日・祝日
禁煙外来

カウンセリング・アロマセラピー